シミウス ターンオーバー

シミウスで肌のターンオーバーをコントロール!

よく、シミやくすみが薄くなるためには、肌の新陳代謝を良くし、肌を生まれ変わらせるということを言いますが、そのことをターンオーバーと言います。
 ターンオーバーについて気になったので、色々調べてみたのですが、まず、皮膚の構造のことが出てきました。

 

 皮膚は『表皮』『新皮』『皮下組織』から出てきていて、表皮は一番内側から『基底層(きていそう)』『有棘層(ゆうきょくそう)』『顆粒層(かりゅうそう)』『角質層(かくしつそう)』の4層構造になっているそうです。
 『角質層』というのは色々な場面で聞いたことがありますよね。
 そして、その4層構造の一番内側にある『基底層』で細胞が生まれてどんどん変化しながら、表面に押し上げられ、核がなくなり死んだ状態になり、角化細胞となるそうです。
 角化細胞は、後からできた新しい細胞に押し上げられ、表面に上がり、アカとなって不要なものとしてはがれるという構造になっているそうです。
 これがターンオーバーと呼ばれている肌の皮膚の生まれ変わりです。

 

このターンオーバーによって、表皮がいつも生まれ変わり、怪我をしたり、傷がついてもかさぶたになってはがれ、綺麗な肌に生まれ変わるというサイクルになります。

 

ターンオーバーは、体の部位によって速度が異なるようです。
ターンオーバーの周期はいう人によって違うそうですが、28日から56日程度と考えられており、『基底層』から『顆粒層』までが14から42日。角質細胞としてはがれるまで14日とされ、顔の頬の部分や腕の部分でも異なるとされています。
個人差はあると思いますが、大体28日から56日だそうです。

 

 

 更にターンオーバーは年齢によっても周期が変わってくるとのこと。
 人は皆それぞれ異なりますから、ターンオーバーの周期も人それぞれ変わってきます。さらに加齢とともに新陳代謝が低下していきますから、若いころにはすぐに治っていたけがや傷も年を重ねると治りも悪くなるというわけです。
 30から40代では45日かかると言われているターンオーバーですが、50代になるとさらにターンオーバーの周期も長くなり、60代になればさらに変わってきます。
 しかも、個人差がありますから、もっとかかる人は同じ年齢でも、1週間以上の差が出る場合がある訳です。

 

 ですので、肌のシミが増えたり、濃くなったり、肌の色がくすんで暗くなったなぁと思ったら、ターンオーバーの周期が長くなったということになりますので、少し気を付けた方がいいですね。

 

ターンオーバーは遅すぎても、早すぎても肌トラブルの原因になってしまいます。
遅すぎても、シミやくすみの原因になってしまいますし、傷の治りも悪いです。
逆に顔を洗いすぎて、角質ケアばかりするとターンオーバーが速くなりすぎて、肌の表面の水分を保持する力が低下し、乾燥肌の原因となってしまうそうです。
肌を綺麗に保つことは大事ですが、洗いすぎというのもターンオーバーが起きやすく、肌トラブルの原因になりますので、注意しましょう。

 

そこで、今回ご紹介しているのが、メビウス製薬のオールインワンジェル、シミウスです。

 

 シミウスはターンオーバーを正常化する働きがあると考えられています。
 シミウスは薬用美白、美白マッサージ、深層保湿3つの美白パワーで、シミの原因につながるターンオーバーを正常に保つわけです。
 塗るだけでは効果がなかった美白もシミウスのオールインワンジェルでしたら、美白マッサージしやすいジェルですので、気になっていたシミやくすみを改善できるターンオーバーにとても有効に働いてくれるわけです。

 

 更にターンオーバーには保湿も大事になってきますので、シミウスの成分として深層保湿のコラーゲンやシコンエキスが配合されておりますので、ターンオーバーが早まると起こってしまう乾燥にもとても効果があります。

 

 しかし、シミウスでは紫外線対策はできませんので、シミの原因の一つとも考えられている紫外線を予防するためには日焼け止めによる紫外線対策を怠らないことも重要になってきます。

 

 メビウス製薬のシミウスはお得なお試しコースで購入することができますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

関連ページ

シミウスを使いながら、田中宥久子さんが作った造顔マッサージをしてみよう
田中宥久子さんが作った造顔マッサージをシミウスで行って、筋肉の強化をして顔のリフトアップやたるみ防止をしてみよう!
30代以上では肌の悩みbPのシミ!!シミを撃退する方法を伝授
シミを撃退する方法を探して、気になって悩んでいる皆さんに伝授します!